• ホーム
  • 医学部への入学を目指す受験生の予備校について
  • 医学部を目指す予備校は自習室で選ぶ
  • 医学部予備校のメリットについて
  • 医学部受験のための予備校で一般の大手
  • 医学部専門予備校の学費を知っておく
  • rssfeed
  • 医学部への入学を目指す受験生の予備校について

    きっと医学部への入学を目指すみなさんは、家業である医師や各医療技士(理学療法士や作業療法士などとは別の医療技術医師のこと)を、あるいは自ら医師や各医療技士を志し入学を希望している方々が大半であると思います。そして、少しでも自分の将来に叶った医師や各医療技士になるためにも学識レベルが社会的に高い大学の医学部へ入学しなければならない方もおられると思うので、そういった方のための予備校のあり方について話していきたいと思います。医師及び各医療技士は国家資格であり、相応の日本国内の大学で医学の正規の課程を修めて卒業した者あるいは医師国家予備試験に合格した者で、医師国家試験に合格した者にのみ与えられます(医師法2条、11条等)。こうした面で、医師や各医療技士になるためにはそれだけの医療の知識などを身に付けなくてはならないので、それ相応の勉強をどうしてもしなくてはならないことになります。そこで、こういった受験生のみなさんにとってどういった予備校がふさわしいか、これから述べたいと思います。医師や医療技士といった、直接人の身体や健康、命などに関わるお仕事をみなさんは目指すので、医療の知識だけではなく人間としての命や人権・人格の主体性・尊厳などをもきちっと教えるところをぜひともオススメしたいと思います。しかし、残念ながらそういった類いのところは現在の日本国内にはほとんど皆無であり、生き残りのために大学受験のための教科試験内容ばかりを教えることに執着しているところが大部分なのが現実です。人の生命を預かる医療の人材を養成する以上、それにふさわしい予備校がいま必要だと思います。

    医学部専門の予備校はクラスも特化

    通常の予備校といいますと色々なクラスが用意されています。文系であったり理系、私立や国公立等様々です。理系においても難易度の高いところもあれば普通ぐらいのところなどを設定しています。そうしないと簡単すぎる、難しすぎる問題が出てきます。色々なクラスを設けることで多くの学生に対してサービスが提供できます。通常とは少し違ったところとしては医学部専門のところがあります。こちらには文系や理系といった区別はありません。私立と国公立は分けているところがありますが、すべて理系になります。そうすることで文系コースを設置する無駄を省くことが出来るのです。また、理系の中でも特に難易度が高いと言われているので、そういった学校を目指す人達に高いレベルの授業を提供できます。低い難易度で済む生徒はこの学校に来る必要はありません。

    医学部の予備校では学士対策がある

    医学部に入学する方法としては、高校から大学に入る方法があります。一般入試であったり推薦入試であったり色いろあると思います。1年次に入学をして、一般教養から受けていくことになります。でも医学を目指す人は高校生ばかりではありません。すでに大学を卒業して社会に出てから再び志す人がいます。一から受験するのは大変です。そこで大学では学士入学制度を設けています。社会人が受験できる枠です。一般入試とは異なり、特別に行われています。予備校においてこの学士対策を用意しているところがあります。一般入試とは違ってセンター試験などはありません。また理系出身者、文系出身者ごとに試験が異なることがありあす。文系出身者でも受けやすいような仕組みにしているところもあり、それに対応してくれるところもあります。難易度は低くはありません。

    医学部受験獣医学部受験のための専門予備校です。 医学部入学を目指す受験生の皆さんのサポートを致します。 高田馬場駅近くに、予備校を構えております。 医学部や獣医学部に特化した専門予備校として質の高い授業に取り組んでおります。 医学部や獣医学部への合格力を身に付けるための徹底したカリキュラムの導入! 当校は、最強の講師陣で受験生をサポートします。 医学部の予備校なら医進塾